心とカラダの栄養!

アロマ・ハーブ・食べ物などの効果をリサーチし、自分なりにまとめたブログ。自分の勉強のためと、少しでもこのブログを読んでくれた方の役に立てれば嬉しいです!

トマト

f:id:seichousuruzo:20170526074548j:plain

 

 

【注目の栄養成分】

・リコピン

・ビタミンC A B6 E 

・ルチン

・カリウム

・葉酸

・ペクチン

 

 

【トマトの効果】

・美肌効果 

・チロシナーゼ(しみの原因となるメラニンを生成)の働きを抑制 

・活性酸素(老化の原因)を抑える抗酸化作用がある 

・ガンや動脈硬化などを予防 

・整腸作用

・高血圧

 

 

【トマトの特徴】

 ・種のまわりのゼリー部分に、うまみ成分のグルタミン酸が多く含まれる

・過熱することによって、ビタミンCは減少するが、うまみや甘さが増し、体内で吸収されるリコピンの率が高くなる(赤系トマトの方が過熱することによって、うまみ成分が増す)

 ・リコピンは皮に多く含まれる

 

 

【良いトマトの選び方】

・色づきが良く、ツヤとハリがある

・ヘタの色は緑で、乾いていたり、黒ずんでいない

・ずっしりと重い

・枝についたまま完熟したトマトの方が栄養価が高い

 

 

【保存】

・袋に入れて野菜室で保存

・冷やしすぎると味が落ちる

・丸ごと冷凍保存した後、水に浸けておくと、ツルリと皮がむける

 

 

 【注目の品種】

 

<アイコ> リコピンが2倍

f:id:seichousuruzo:20170526102325j:plain

 

<ブラック> アントシアニンを含む

f:id:seichousuruzo:20170526102509j:plain

 

<ピッコラカナリア> 高い糖度、カロテンを含む

f:id:seichousuruzo:20170526102749j:plain

 

<グリーン> リコピンを含まない

f:id:seichousuruzo:20170526102857j:plain